本文へスキップ

認定特定非営利活動法人 鳴門「第九」を歌う会 - NARUTO DAIKU -

認定NPO法人 鳴門「第九」を歌う会

認定NPO法人 鳴門「第九」を歌う会のホームページへようこそ。
毎年6月第一日曜に開催されるベートーヴェン「第九」演奏会を行っています。
ソリス・合唱団員の募集やその他事業に関する情報をお知らせしています。

お知らせtopics

第37回演奏会の合唱団員(全日本加盟団体から参加)の募集


『全日本「第九を歌う会」連合会』加盟団体からの合唱団員を募集いたします。
募集期間は2017年11月20日〜12月4日です。
 →詳しくはこちら
応募多数のため募集は終了しました。

第37回演奏会のNPO鳴門会員の合唱団員(徳島県内から参加の方)の募集について


徳島県内から参加される合唱団員の募集を行います。
募集期間は、2017年10月1日(日)〜10月30日(月)です。
 →詳しくはこちら
募集は終了しました。







第九ソリスト
グランドチャンピオン大会
公開オーディション








ソプラノ:坂井里衣(さかいりえ)さん[福岡県]
アルト:大賀真理子(おおがまりこ)さん[兵庫県]
テノール:芹澤佳通(せりざわよしみち)さん[東京都]
バス:新見準平(にいみじゅんぺい)さん[大分県]







「第36回演奏会」が開催されました


2017年6月4日、鳴門市文化会館にて第36回「第九」演奏会が開催されました。
ご来場・ご出演、ありがとうございました。

「第36回演奏会」のソリスト(公開オーディション)


2016年11月16日(水)鳴門市文化会館にて、第36回「第九」演奏会ソリストの公開オーディション(最終)が行われ、4名の方が合格されました。
 →詳しくはこちら

第36回演奏会の合唱団員(全日本加盟団体から参加)の募集[終了]


『全日本「第九を歌う会」連合会』加盟団体からの合唱団員を募集いたします。
募集期間は2016年12月1日〜12月9日です。
 →詳しくはこちら

第36回演奏会の合唱団員(徳島県内から参加の方)の募集[終了]


徳島県内から参加される合唱団員の募集を行っています。
募集期間は、2016年10月1日〜10月31日です。
 →詳しくはこちら

2016.11.16(水) ソリスト・オーディション


第36回「第九」演奏会にソリストとして出演していただける方をオーディションにて募集します。
 →詳しくはコチラから

「第35回演奏会」が開催されました


2016年6月5日、鳴門市文化会館にて第35回「第九」演奏会が開催されました。
ご来場・ご出演、ありがとうございました。

「第35回演奏会」のソリスト


2015年11月18日(水)鳴門市文化会館にて、第35回「第九」演奏会ソリストの公開オーディション(最終)が行われ、4名の方が合格されました。
 →詳しくはこちら

第35回演奏会の合唱団員(全日本加盟団体から参加)の募集


『全日本「第九を歌う会」連合会』加盟団体からの合唱団員を募集いたします。
募集期間は2015年12月2日〜12月11日です。
 →詳しくはこちら

第35回演奏会の合唱団員(徳島県内から参加の方)の募集


徳島県内から参加される合唱団員の募集は、2015年10月31日で終了しました。
ご応募ありがとうございました。

「平成27年度総会」と「研修会」


2016年8月23日、鳴門市老人福祉センターにて、平成27年度総会と研修会が開催されました。
 →詳しくはこちら

「第35回演奏会」のソリストを募集いたします


2016年6月5日、鳴門市文化会館にて開催される第35回「第九」演奏会のソリストを募集いたします。
 →詳しくはこちら

「第34回演奏会」が開催されました


2015年6月7日、鳴門市文化会館にて第34回「第九」演奏会が開催されました。
 →第34回演奏会についてはこちら

【第34回演奏会】入場料・チケット購入など詳細


入場料やチケット購入について、また演奏会の詳細(チラシ画像)を追加しました。
 →第34回演奏会についてはこちら

2015.1.12(月・祝) Chorus9 第9回演奏会


Chorus9(コーラス・ナイン)の第9回演奏会「New Year Concert」が大塚ヴェガホールにて開催されました。

2014.11.19(水) ソリスト・オーディション


第九ソリストの公開オーディションが開催され、第34回 ベートーヴェン「第九」演奏会(平成27年6月7日)にてソリストとして出演していただく方々が決定しました!
 →詳しくはコチラから

第37回ベートーヴェン第九交響曲演奏会2017.9/7(木)鳴門市文化会館ホール2018年は「第九」アジア初演100周年。「なるとの第九」では、ドイツ・アメリカ・中国、そしてもちろん日本全国から仲間が集い、6月2日・3日の2日間公演を行います。この100周年記念演奏会のソリストが、これまで9回行われた公開オーディションを勝ち抜いた歴代ソリストの中から選ばれました。

新着情報news

2015年2月8日
サイトをリニューアルしました。
2015年2月7日
Facebookページを作成しました。

なるとの「第九」とは

 第1次世界大戦中、大正6年から大正9年の約3年の間、鳴門市板東に俘虜収容所があり、約千人のドイツ兵が収容されていました。彼らは音楽、演劇をはじめ橋の築造にいたるまで様々な文化活動や事業を行いました。
 収容所内においてそのような活動をしていたことはもちろん驚くべきことですが、俘虜となった兵士にそのような活動を許していたこともまた驚くべきことといえるでしょう。様々な文化活動を進めていく中で彼らは地元の人々との交流を深めていきました。
 ベートーヴェンの「第九」交響曲はそのような状況のなかで大正7年6月1日、ドイツ兵によって演奏されました。それがこの曲の日本での初演となったのです。鳴門市では6月の第1日曜日を「第九の日」と定め、全国から仲間を募って、歓喜の交響曲を歌い続けています。
 2018年には鳴門での初演から100周年となり、「第九」を歌うことの歓びとその意味を見つめ続けています。

認定NPO法人 鳴門「第九」を歌う会

〒772-0003
徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜24番地7 鳴門市文化会館内

TEL 088-686-9999
FAX 088-686-9994

スマートフォン版