NPO法人 鳴門「第九」を歌う会
E-mail
home about concert chorus9 etc
profile
 第1次世界大戦中、大正6年から大正9年の約3年の間、鳴門市板東に俘虜収容所があり、約千人のドイツ兵が収容されていました。彼らは音楽、演劇をはじめ橋の築造にいたるまで様々な文化活動や事業を行いました。
 収容所内においてそのような活動をしていたことはもちろん驚くべきことですが、俘虜となった兵士にそのような活動を許していたこともまた驚くべきことといえるでしょう。様々な文化活動を進めていく中で彼らは地元の人々との交流を深めていきました。
 ベートーヴェンの「第九」交響曲はそのような状況のなかで大正7年6月1日、ドイツ兵によって演奏されました。それがこの曲の日本での初演となったのです。鳴門市では6月の第1日曜日を「第九の日」と定め、全国から仲間を募って、歓喜の交響曲を歌い続けています。
about
Chorus9(コーラス・ナイン)とは
鳴門の第九は、例年12月頃から練習を始め、翌年6月初旬に本番を迎えるため、合唱団は常時活動しているわけではなく、毎年募集・結成と解散を繰り返しています。
他の合唱団に所属しているならともかく、そうでない人はオフシーズン(6月〜11月)の間に半年間かけて向上してきた発声技術は錆び付いてしまい、曲のレパートリーも広がらない・・・。そんな状況が長年続くうちに、継続的に合唱の能力を高め、声を合わせる楽しさをもっと味わいたいという声が高まってきました。
そうした中、2001年に合唱団「Chorus9」を結成。大井美弥子さんを常任指導者に、月2〜3回の練習を行い、地元の様々なイベントなどに出演しています。また、平成16年11月には鳴門教育大学の先生方のお力添えで、鳴門市ドイツ館において初の演奏会を開催。以後も演奏会を重ねています。
 
2009年「第5回演奏会」
  • とき:2009.12.23(水) 14:00〜
  • ところ:鳴門市ドイツ館
  • 演目:オラトリオ「メサイア(抜粋)」(ヘンデル作曲)、他
    ※詳細未定です。
 
 
2009年練習日程
 
 
これまでの演奏会
※第3〜4回の詳細ページは、現在作成中・・・
 
 
メンテナンス中・・・
参加イベント等の紹介ページは、現在作成中です。
少々お待ちください。
 
このページのトップへ


NPO法人 鳴門「第九」を歌う会事務局
TEL:088-686-9999/FAX:088-686-9994
kanki@naruto-9.com
Copyright(C) 2009 NPO法人 鳴門「第九」を歌う会 Rights Reserved.