本文へスキップ

認定特定非営利活動法人 鳴門「第九」を歌う会 - NARUTO DAIKU -

「第九」演奏会CONCERT

ソリスト・オーディション結果[第36回演奏会]

●ソリスト・オーディション結果
 2016.11.16(水)、鳴門市文化会館にて第36回演奏会のソリスト・オーディション(公開)が行われました。結果は以下の通りです。
【ソプラノ】
 今野 沙知恵(こんのさちえ)さん/東京都
【アルト】
 山下 裕賀(やましたひろか)/東京都
【テノール】
 濱松 孝行(はままつたかゆき)/東京都
【バス】
 池田 真己(いけだまさき)/大阪府

全日本「第九を歌う会」連合会の合唱団員の募集について


≪募集は終了いたしました≫

 2016.12.1(9:00)〜12.9(17:00)の間、第36回「第九」演奏会の合唱団として参加される、『全日本「第九を歌う会」連合会』加盟団体からのご応募を受付いたします。

※ご応募は『全日本「第九を歌う会」連合会』に加入している団体に所属されている方に限ります。
 お申込みは団体ごととなります。(案内を10月に郵送しております)
※上記期間外でのお申込みは受付いたしません。
 また、定員を超えた場合は、期間途中でも募集を締め切らせていただきます。
※お申込みはメールかFAXのみとさせていただきます。

【第36回第九演奏会】
 ・募集要項
 ・参加申込書[ Excel | PDF

【大塚ミュージアム・コンサート】
 ・募集要項
 ・参加申込書[ Excel | PDF

徳島県内から参加される合唱団員の募集について


≪募集は終了いたしました≫

第36回演奏会の合唱団員(徳島県内から参加の方)の募集は、2016年10月01日〜10月31日となっております。

第35回演奏会について

2017年(平成29年)6月4日(日)の第36回「第九」演奏会は、以下のように予定しております。
合唱団の募集やチケット販売につきましては、後日、このページにてご案内いたします。

  • 【第36回 ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会】
    • 日時  平成29年6月4日(日)13:30開演 15:30終演
      場所  鳴門市文化会館 ホール
      演奏  指揮:トーマス・ドーシュ(Thomas Dorsch)※リューネブルク市立劇場音楽監督
          合唱指揮:頃安 利秀
          管弦楽:徳島交響楽団
          独唱:オーディション(公開オーディション 平成28年11月16日)にて選出
          合唱:認定NPO法人 鳴門「第九」を歌う会、全日本「第九を歌う会」連合会
      曲目  交響曲第九番ニ短調作品125「合唱付き」(ベートーヴェン作曲)、他
      入場料(全席自由)
          前売:[一般]2,000円 [学生]500円
          当日:[一般]2,500円 [学生]500円

ソリスト・オーディション[第36回演奏会]

●ソリスト募集
 2017年(平成29年)6月4日(日)に開催される第36回演奏会で、ベートーヴェン「第九」交響曲のソリストを広く募集いたします。以下の募集要項をご確認いただき、応募用紙に必要事項を記入の上、一次審査(録音審査)用の音源を同封してご応募ください。

 ・募集要項[PDF]
  ※別紙:交通費について[PDF
 ・応募用紙(フォーム)[PDF]|[MS Word
 ・ご送付先
  〒772-0003 徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜24番地の7 鳴門市文化会館内
  NPO法人 鳴門「第九」を歌う会 宛


過去の演奏会

第35回演奏会
第34回演奏会
第33回演奏会
第32回演奏会
第31回演奏会
第30回演奏会
第29回演奏会
・第28回演奏会
・第27回演奏会
・第26回演奏会
・第25回演奏会
・第24回演奏会
・第23回演奏会
・第22回演奏会
・第21回演奏会
・第20回演奏会
・第19回演奏会
・第18回演奏会
・第17回演奏会
・第16回演奏会
・第15回演奏会
・第14回演奏会
・第13回演奏会
・第12回演奏会
・第11回演奏会
・第10回演奏会
・第9回演奏会
・第8回演奏会
・第7回演奏会
・第6回演奏会
・第5回演奏会
・第4回演奏会
・第3回演奏会
・第2回演奏会
・第1回演奏会


なるとの「第九」とは

 第1次世界大戦中、大正6年から大正9年の約3年の間、鳴門市板東に俘虜収容所があり、約千人のドイツ兵が収容されていました。彼らは音楽、演劇をはじめ橋の築造にいたるまで様々な文化活動や事業を行いました。
 収容所内においてそのような活動をしていたことはもちろん驚くべきことですが、俘虜となった兵士にそのような活動を許していたこともまた驚くべきことといえるでしょう。様々な文化活動を進めていく中で彼らは地元の人々との交流を深めていきました。
 ベートーヴェンの「第九」交響曲はそのような状況のなかで大正7年6月1日、ドイツ兵によって演奏されました。それがこの曲の日本での初演となったのです。鳴門市では6月の第1日曜日を「第九の日」と定め、全国から仲間を募って、歓喜の交響曲を歌い続けています。
 2018年には鳴門での初演から100周年となり、「第九」を歌うことの歓びとその意味を見つめ続けています。

認定NPO法人 鳴門「第九」を歌う会

〒772-0003
徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜24番地7 鳴門市文化会館内

TEL 088-686-9999
FAX 088-686-9994